れいわ新選組「野原ヨシマサ」候補、「公明党をぶっ潰す」

参議院選挙の東京選挙区で「れいわ新選組」から立候補している「野原ヨシマサ」候補が面白いことになっています。現役の創価学会員であることを前面に押し出し、今の公明党の「あり方」を正面切って批判しています。

7/12に行われた「れいわ祭」での演説を紹介します。これによると、池田大作が、公明党の前身になる「公明政治連盟」を作った際に「政権になびいて立党の精神である平和・福祉を忘れた場合は遠慮なく潰せ!」と言ったそうです。

平和・福祉の党じゃないのか、山口那津男!辺野古基地建設を止めないなら公明党を解体し議員を辞めろ、バカヤロー。野原ヨシマサ「れいわ新選組」候補。沖縄創価学会壮年部@品川駅港南口2019 07 14

Twitterより、公明党もかつては安保の段階的解消・基地撤去や大幅減税を主張しているようです。

7/13には「小さな声を聞く力」と言うなら、沖縄の「辺野古基地反対」の声を聞けと言っています

山口なつお!小さな声を聴く力。というなら沖縄の「辺野古反対」の大きな声を聞けよ。バカヤロー by 野原ヨシマサ「れいわ新選組」候補@渋谷駅 2019 07 13

7/14は信濃町にある創価学会の本部前で抗議の演説。

#参院選 #東京選挙区 に出馬中の #野原ヨシマサ 候補 信濃町〜創価学会総本部前での街頭演説 7月14日午後1時19分 #れいわ新選組

7/15での立川での演説にて。

大激戦!山口那津男とガチンコ・デスマッチで絶対に落選させたるー野原ヨシマサ「れいわ新選組」候補@立川駅2019 07 15

公明党の問題点、おかしな点を追求しています。

公明党は、政権に入ることにより、教育の無償化や軽減税率をやったと宣伝しています。しかし、その反面、安保法制を通す、共謀罪を通す、と言った立党の精神「平和・福祉」に反するようなことをやっています。これは大変おかしなことです。

立党の精神が「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」であるなら、今の公明党は変質したと言わざるを得ません。

今の閉塞感を脱するためには公明党を下野するしかないと「野原ヨシマサ」候補は強く主張しています。

「野原ヨシマサ」候補の演説は、公明党・創価学会に対して快く思っていない私にとって痛快なものがあります。

創価学会の信者の中にも現在の学会のあり方に疑問を持っている者が多いと聞きます。「野原ヨシマサ」候補がそうした人たちの受け皿になっているかどうかはわかりません。

しかし、昨夏の沖縄県知事選では公明党の推す佐喜眞淳氏ではなく、玉城デニー氏に投票した学会員が多かったそうです。

今回の選挙では6議席目を立憲民主党の山岸氏・維新のおときた氏・れいわの野原氏が争っていると言われています。当初、野原氏は立候補決意表明が遅れたため、メディア等では「当選圏外」の扱いです。しかし、平和運動に関心を寄せる人の中で野原氏の名前はかなり浸透してます。そして、学会員の離反があるのなら、野原氏の当選は十分可能性があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました