予示的政治(Prefigurative Politics)〜欲しい未来は自分で作る

様々なプラカード

「予示的政治」について、キャッチコピー的に言えば、「欲しい未来は自分で作る」「もう一つの世界は可能だ」になるでしょう。あるいは、ガンジーの言ったとされる「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」に象徴されます。

簡単に言えば、自分たちの望む社会や「あり方」を「今この場」で作ってしまおうとするムーブメントのことです。

この観点では、「現在」が重要です。さらに「楽しく生きる」ことが重視されます。

「予示的政治」では、「実際にやってみせることにより、周囲へ影響を与える」ことを目指します。

具体的には、路上や公園で一時的に自律的な空間を作ったり、路上で表現活動を行うなどがあります。あるいは、何らかの方法でビルの一室みたいなスペースを確保し、これを「みんなの居場所」として運営するといった形もあります。

「予示的政治」のことを海外では「Prefigurative Politics」と呼びます。Wikipediaにも掲載されていて、そこそこ知られているようです。

Prefigurative politics - Wikipedia

従来の「左翼」との違い……「革命」についての考え方

従来の左翼の場合、革命による社会変革を目指し、現在は「準備期間」と捉えています。

革命とは、本来的な意味で言えば、武装闘争による政権打倒を指します。しかし、今時、暴力革命を唱えているのは一部の偏狭な集団にしか過ぎないです。大多数は、選挙を通して社会変革を実現する方向性とデモ・集会を通した意思表示をメインとしています。

ただし、従来の左翼の場合、現在は準備期間であり、「闘争の末に勝利」という思考パターンは同じです。つまり、将来に向け、今はがんばって耐える構図です。デモや集会などのアピール活動も「修行」のように捉えています。

一方、「予示的政治」の場合、「いま、ここから始める」、「自分から始める」と言った方法を取ります。そして、「楽しくやっている姿」を実際に見せ、社会や周囲に影響を与えることを目指します。

特徴的なのは「楽しい」ことを重視する点です。むしろ、「楽しいことが第一」と言った雰囲気さえあります。自律的な空間を作るにしても、同時にパーティーを行うなど、必ずと言っていいほど「遊び」の要素を取り入れます。

こちらは、渋谷の宮下公園を多国籍企業の進出に反対して占拠した際の模様です。

2010/5/15 宮下公園

それとも、先に紹介した「思想としてのDIY」のように、日常生活の中で「手作り」を取り入れ、消費社会から距離を置く方法もあります。

思想としてのDIY
DIYについて、一般には日曜大工とほぼ同じ意味と思われています。例えば、昨年くらいから見かける「DIY女子」という表現は女性で木工家具を作るようなイメージでしか語られていないです。 しかし、DIYのもともとの意味は「Do It...

この観点に立てば、革命とは、毎日の生活で実践することになります。自分自身を変え、生活を変えるのが革命という訳です。そして、それを周囲に伝え、少しでも分かってもらえばいいと考える訳です。

つまり、革命の意味づけが従来の左翼から転換することになるのです。

オキュパイ・ウォール・ストリート(ウォール街を占拠せよ)

「予示的政治」の代表的な例として、オキュパイ・ウォール・ストリート(ウォール街を占拠せよ)に端を発した「オキュパイ運動」が挙げられます。

オキュパイ・ウォール・ストリートとは、2011年9月にアメリカのニューヨーク・ウォール街で発生した政治を牛耳る経済界への抗議行動です。ウォール街の近くにあるズコッティ公園を占拠し、デモや集会の拠点として使用したとのことです。

オキュパイ・ウォール・ストリートの特徴は、ズコッティ公園内で「理想の社会」を作るための取り組みが行われた点です。公園の一角に共同で食事をとるスペースを作ったり、図書館を作ったり、メディアセンターを作ったりしたそうです。

『コンセンサス(直接民主制@ウォール街占拠)』日本語字幕版

ただし、これには前史があります。1999年のアメリカ・シアトルで起こったWTO(世界貿易機関)に対する反対運動です。

WTOを通じ、先進国は途上国に一層の市場開放を要求します。これにより、途上国に多国籍企業が入るようになり、競争力の弱い地元の経済が育たなくなります。結果として多国籍企業が富み、貧者は一層貧しくなって行く構図が強化されます。

このことに反対した人びとは、今までになかったような抗議行動を行いました。抗議行動には、労働組合や平和活動家だけでなく、多様な団体、多様な人々が参加しました。

今までの市民運動の集会では、お堅い人が壇上に上がって型にはまったような話をするのが「お決まり」でした。そうではなく、思い思いのスタイルで型にはまらない表現を行う人びとが多かったのです。

抗議行動は大きく盛り上がりました。結果としてWTOは一時中止に追い込まれました。この経緯から、市民運動について語る際に「99年シアトル以降」との言葉が使われるようになりました。

Video from 1999 Battle in Seattle

日本でも2011年の福島第一原発事故以降に祝祭的なデモが開かれ話題になりました。これも「99年シアトル以降」の文脈で語ることができます。映像を見ての通り、従来からあるデモのイメージから大きくかけ離れています。

410 高円寺 反原発デモ 一部始終 ダイジェスト

人びとの有機的なつながりを重視

従来の左翼の場合、カリスマのある指導者のもと、トップダウン型に組織を作っていく方法を取ります。左翼だけでなく、政党や会社組織自体がそのような仕組みになっています。

一方、「予示的政治」の場合、自由な人びとが有機的に繋がって行くイメージです。

そして、「予示的政治」はインターネットとの相性が良いです。インターネットを利用し、集合的な知性を蓄積し、それを背景として一人ひとりが想像力を発揮します。

その結果として、社会に対する表現活動もユニークなものになります。音楽や芸術だけでなく、ファッションや生活様式に到るまで、あらゆる場が「表現の場」となります。机の上で書物を読んだり議論を行うのではなく、実際に体を動かし、表現することが重視されます。

反イスラム主義者 VS 愛こそはすべて (再)#LOVEデモ #occupylove #ヘイトスピーチ #選挙フェス

「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」について

「見たいと思う世界の変化にあなた自身がなりなさい」はガンジーが言ったとされ、「予示的政治」を語る際によく引用されます。

しかし、調べてみたら、原文は少々ニュアンスが異なるようです。

If we could change ourselves, the tendencies in the world would also change. As a man changes his own nature, so does the attitude of the world change towards him. … We need not wait to see what others do.

Opinion | Falser Words Were Never Spoken
Reader beware: inspiring quotations are often fudged.

自動翻訳を通したらこのようになります。

私たちが自分自身を変えることができれば、世界の傾向も変わるでしょう。人が自分自身の性質を変えると同時に、世界の態度も彼に向かって変わります。 …私たちは他の人がすることを見るのを待つ必要はありません。
どうやら、「予示的政治」を訴えるために意訳されたキャッチコピーのようです。しかし、自分自身を変えることの重要性を言っているの確かです。

まとめ〜実践を通じて社会規範の「解体」を目指す

「予示的政治」では、「権力の奪取」を目指すのではなく、「社会システムの解体」を目指します。

先に紹介した路上交流会にしても、社会に対する表現を行う一方で、実態としては駅前広場での宴会です。これも、買い物や勤務先からの帰宅を目的として人が行き来する中での「規範を解体する」ことを目的としていると言い換えてもいいかも知れません。

高円寺で路上交流会が行われる〜競争社会の中に隙間を作る!
高円寺でオープンマイクと路上交流会が行われた 6月8日(土)の夕方から高円寺で「声をあげよう 現代社会に喰い込むスタンディング!」と題した集会と路上交流会が行われたので参加しました。主催は「カミイカ企画」です。 「カミイカ企画」は、...

残念ながら、現代の日本では、社会システムが隅々まで行きわたり、管理社会の度合いが高まっていると言えるでしょう。一方で人びとは確実に貧しくなっていっています。

だからこそ、現状で違和感を感じている人や生き難さを感じている人から、少しでも自分自身を表現していくことが必要だと思います。

【超お勧め】日常のマトリックスから抜け出すパフォーマンス #社会創造

コメント

タイトルとURLをコピーしました