【脱Adobe】QuarkXPress+AffinityシリーズでプロレベルのDTP

「Quark XPress」はAdobeで言えば「In Design」に相当するソフトで、かつてはDTP業界を支配するほどの力がありました。しかし、Adobeの力が強くなり、「Adobeでなければダメ」といった状況になっています。

しかし、「Quark XPress」は今も健在です。学割を利用すれば破格の値段で購入できることは先に記しました。それだけではなく、最近はAdobeユーザーに対しての割引を発表しています。

先にも記したように、「Adobe Photoshop」に相当するソフトとして「Affinity Photo」があり、「Adobe Illustrator」に相当するソフトとして「Affinity Designer」があります。

ただし、「Affinity Photo」および、「Affinity Designer」はどちらも日本の印刷会社の実情にはあっていなくて、印刷を前提とした使用には厳しいです。そこで、「Quark XPress」を中心として、Affinityシリーズを併用して印刷物のデータを作ることをこのサイトでは追求したいです。

「Quark XPress」を中心にAffinityシリーズも使って「どこまでできるのか」長期使用レポートを記します。

「PDF/X-1a」によってソフトは問われなくなった

以前であれば、印刷会社が持っているソフトでデータを作らなければ、印刷物をつくることができませんでした。だから、印刷物を作るには、まずは印刷会社が指定するソフトを揃えて、使い方を覚える必要がありました。

しかし、「PDF/X-1a」が印刷データの基準になり、「PDF/X-1a」に対応している印刷通販の会社が増えました。だから、「PDF/X-1a」でデータを作ればどこに持って行ってもOKといった状況になっています。

「PDF/X-1a」の利点は、ソフトに対して独立していること、出力トラブルが少ないこと、データが軽くなることがあります。フォントの埋め込みが条件になるので、「Illustratorでアウトライン化」も必要なくなりました。

「Quark XPress」での印刷について、試しに「プリントネット」に問い合わせたところ、「PDF/X-1a」にすれば可能との返事をいただきました。トラブルを少なくするには、事前に「簡易校正」をやっておいたほうがいいでしょう。

↓「プリントネット」で実際に印刷を行ったチラシの作例

QuarkXPressでの印刷物制作

「Quark XPress」はもともと雑誌やパンフレットなど「ページ物」を編集するためのソフトです。だから、チラシやリーフを作るには向いていない部分があります。一例を挙げれば、Illustratorで作ったような凝った文字装飾、例えば、見出し文字を目立つようにするために光彩やグラデーションを入れるなどの処理が苦手です。しかし、バージョンが上がるたびに「できること」が増えているので、将来的には「Illustrator」と変わらないような表現力を持つようになるかも知れません。

多くのDTPデザイナーが、最初から最後まで「Illustrator」でデータを完結させる方法を取っています。しかし、「Quark XPress」は編集ソフトなので考え方を変える必要があります。画像は「Affinity Photo」で作る、地図は「Affinity Designer」で作る、文章はエディターやWordで作ります。そして、作った部品を最後に「Quark XPress」で組み上げる方法を取ります。

「Quark XPress」で編集したデータを最後に正しい方法で「PDF/X-1a」に書き出し、出来上がったPDFファイルを確認した上で印刷会社に出稿します。

なお、「Quark XPress」での「PDF/X-1a」への書き出し方法は別記事に記します。

Affinity PhotoからQuarkXPressへの切り抜きデータの渡し方

以前、こちらで「Affinity Photo」で切り抜いたデータを「QuarkXPress」に渡す方法に問題があると書きました。

これについて解決方法を見つけたので報告します。

「Affinity Photo」で背景を透明にした画像を作り、「ファイル」→「書き出し」を選択し、「PSD」の項目から、「PSD(Final Cut Pro X)」を選択して書き出したファイルは「Quark XPress」で使うことができます。しかも、「PDF/X-1a」への書き出しも可能です。

それと、このPSDファイルを使った切り抜きデータの受け渡しの際には、「選択ブラシツール」などを使って半自動で背景を透明にした場合はきれいにならないようです。外側の輪郭はペンツールを使って手動で行う必要があるみたいです。

ただし、従来の「パス付きEPS」で作ったものと比べて画像変換が途中に入るので原理上は劣化することと、「全くトラブルがないのか」については不安がある点は注意しなければなりません。

だから、品質を要求するものや、ファッション専門店のチラシみたいに点数が膨大にある場合は使えないと思います。

こちらが作例です。

制作側に主導権があって、品質が「そこそこ」でいい場合に向いている

Affinity Photo」は、ほぼ「Adobe Photoshop」の代用ができるソフトだと思います。一方で、「Affinity Designer」は「Adobe Illustrator」の代用としては厳しい部分があります。

「Affinity Designer」は、簡単なイラスト作成なら問題ないでしょう。しかし、地図作成やCADまでは必要ない図面の作成、例えば電器製品のマニュアルなど……は「Adobe Illustrator」の独断場だと言えます。なぜなら、「Adobe Illustrator」は数字入力が充実しているので正確な製図ができるからです。仮に「Affinity Designer」で作ったとすれば手間が余計にかかります。それと、日本の印刷現場で必須の「縦書き」に対応していないのも痛いでしょう。

ただし、「たまに地図を作る程度」「ちょっとした図解を作る程度」であれば、がんばって「Affinity Designer」で出来ないことはありません。

「Quark XPress」+「Affinityシリーズ」の組み合わせは、NPO/NGOの広報、地方議員、個人商店や中小企業で一般向けの広告を連発するような場合、あるいはローカルメディアなど、あまり費用をかけられない場面では力を発揮すると思います。