精神論かよ!東京五輪の暑さ対策に打ち水を政府有識者会議が提案に竹槍感

読売新聞より。

真夏の東京五輪、暑さ対策に打ち水など検討へ
 国土交通省は、真夏に開催される2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、道路への打ち水など伝統的な「暑さ対策」を行う。
●一部引用
国土交通省は、真夏に開催される2020年東京五輪・パラリンピックの期間中、道路への打ち水など伝統的な「暑さ対策」を行う。
(略)
有識者会議は、打ち水のほか、浴衣、よしずの活用など日本ならではの対策を盛り込み、観光PRにも生かしたい考えだ。

打ち水は湿度が上がるだけで逆効果です。特に35度を超えるような場合は無意味です。

NEWSポストセブン|昼間の打ち水 湿度上昇で電力需要を増やすので節電効果なし│
「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。

浴衣は見た目よりも暑いです。着たことないのかなと疑問です。涼しいだけで言えば、Tシャツに短パンかステテコみたいなのがいいです。

1964年の東京オリンピックは、日本は蒸し暑いことに考慮して10月に開かれています。

1964年東京オリンピック - Wikipedia

施設に費用がかかりすぎていることも含め、様々な部分で破綻していると思います。