杉並区高円寺での施設一体型小中一貫校化に疑問

私自身は「杉並区に知り合いが多く、よく遊びにいく」立場であって杉並区民ではありません。
高円寺で進められている「施設一体型小中一貫校化」について問題点を知人から聞き、どこの地方でも起こり得る話だと思い、ここに紹介することにします。

まず、概要から書けば、杉並第四小学校と高円寺中学校を統合し、高円寺中学校の場所に巨大校舎を建設する計画が地域住民への十分な説明無しに推し進められようとしています。

問題になっている高円寺中学校の場所は次の地図の通りです。

住民団体によるチラシを見ればわかるように、敷地の南側に巨大校舎を建てようとしています。
http://livedoor.blogimg.jp/hantai_voice/imgs/f/5/f5264994.jpg

南側に建てるため、校庭は日の当たらない北側になるばかりか、JRの線路に近い場所になり、騒音が激しいことは想像に難くありません。

どういう環境なのかはストリートビューで見たらわかりやすいと思います。

詳しい資料は住民団体のブログをご覧ください。
杉4小、杉8小、高円寺中の統廃合から子どもを守りましょう
すすめていいの?杉四、杉八、高中統廃合(小中一貫校)<すすめていいの?有志の会>

住民団体の話を聞いた感想では、「先に建設計画ありき」で話が進められていて、背景には地元建設会社と地方政治家の思惑があるものと思います。

地方自治体の予算を使って新たな施設を建てれば、建設業者が金儲けをすることができます。こうした政治は「ハコモノ行政」と呼ばれていて、批判の対象となっています。この高円寺での施設一体型小中一貫校化は典型的な例ではないでしょうか。
杉並区の外側から見れば、今までで不自由はないのだから、わざわざ巨額の費用をかけて新たに建設すること自体が無駄なように感じます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA